シングルサインオンとは

ご利用中のチームでシングルサインオン機能を有効にすると、各メンバーがチームへログインする際に、Qiita:Team のユーザー名やパスワードを入力する代わりに、任意の ID プロバイダー経由でのログインが可能となります。

ID プロバイダーとは

ID プロバイダーは、企業や組織内のユーザーアカウント群を一元管理するためのシステムです。G SuiteOneLogin などの SaaS として提供されているものを利用するか、ご自身で構築する必要があります。

シングルサインオンの利点

組織内で利用中の Qiita:Team を含む各種サービスをシングルサインオンでログインできるようにすることで、各メンバーは ID プロバイダーの認証のみで各サービスにログインできるようになります。

また、組織の管理者も、ユーザーアカウント管理を ID プロバイダー上で一元的に行うことで省力化に繋がります。

シングルサインオンを使い始めるにあたって

シングルサインオンを使い始めるには、ID プロバイダーを準備する必要があります。 Qiita:Team は SAML 2.0 の HTTP POST バインディングを利用したシングルサインオンに対応しています。

ご利用中のチームでシングルサインを有効にするには、チームのオーナーまたは管理者が設定をする必要があります。シングルサインオンはチーム全体で有効化・無効化されます。メンバーごとに有効化することはできません。

Qiita:Team アカウントと ID プロバイダーアカウント間の対応付けは、メールアドレスの一致で行われます。 各チームメンバーは、ログイン設定から ID プロバイダーアカウントと同一のメールアドレスを設定する必要があります。

生産性が向上するノウハウ集をプレゼント!

Qiita:Team導入ガイド(無料)

500チーム以上で利用されている情報共有ツール「Qiita:Team」の基本機能から生産性を向上させるためのノウハウを1つの資料にまとめました。
資料ダウンロード(無料)