スライドモードとは

スライドモード

スライドモードとは

QiitaやQiita:Teamの投稿をスライド形式のユーザインタフェースで表示することができるモード。

主に技術系イベントでの発表資料や社内ミーティングの資料作成などに使ってもらうことを想定しています。


使い方

  • Horizontal rules – 水平線でページを区切りながら、投稿をスライドとして表示することができます。
  • 投稿画面で以下の赤丸の部分にチェックを入れます。

スライドモード


閲覧方法

  • 投稿の上部に自動挿入される「スライドビュー」でスライド形式で投稿を閲覧
  • スライドビューのフルスクリーンボタンをクリックし、フルスクリーンで表示

の2種類の閲覧方法があります。


スライドビュー

スライドビュー


閲覧時のスライド操作

操作 スライドビュー フルスクリーン
次に進む →,(スライド内の右領域を)クリック →, (スライド内の右領域を)クリック, PageDown, Space
前に戻る ←,(スライド内の左領域を)クリック ←, (スライド内の左領域を)クリック, PageUp, Delete
下に移動 N/A(マウススクロールのみ) ↓, (下に移動できる場合)クリック, PageDown, Space
上に移動 N/A(マウススクロールのみ) ↑, (上に移動できる場合) PageUP, Delete

プログレスバーをクリックしてスライドを移動することもできます。

プログレスバー

または、 :rewind: や :fast_forward: を使ってもスライドの移動できます。