Slack の Incoming Webhooks を利用した連携

Slack とキータチーム(Qiita:Team)は、Slack の Integration 機能を使い連携することができます。連携には Slack 側の設定と、キータチーム側の設定が必要です。

  • Slack 側の連携
  • キータチーム側の連携

Slack側の設定

  1. Slack の App Directory の検索フォームから、Incoming Webhooksを追加します。
     Slack側の設定
    Slack 上の #dev というチャンネルと連携する例です。
  2. 追加後の画面に表示されるWebhook URLをコピーしておきます。
    Webhook URL表示画面

キータチーム側の設定

  1. 「設定画面」を開きます( ※この操作は管理者とオーナーのみ行えます )
  2. サービス連携」から「追加」でSlackを選択します。
    キータチーム側の設定
  3. 先ほどコピーしたWebhook URL入力し、「保存」を押下します。
    キータチーム(Qiita Team) とSlack の Webhook 連携を保存

グループの選択

キータチーム内のグループと連携する場合はグループを選択ください。
キータチーム(Qiita Team) とSlack の Webhook 連携でグループを選択

連携完了

以上の設定でキータチームと Slack の Incoming Webhooks を利用した連携が完了します。

Slack からキータチームへの投稿

Slack の Incoming Webhooks の連携では、キータチームの活動を Slack から閲覧することができますが、Slack 上の活動をキータチームへ投稿する場合は、Qiita:Team for Slack をご利用いただけます。

Qiita:Team for Slack の登録は以下をご覧ください。

Qiita:Team for Slack の登録

 

生産性が向上するノウハウ集をプレゼント!

Qiita:Team導入ガイド(無料)

500チーム以上で利用されている情報共有ツール「Qiita:Team」の基本機能から生産性を向上させるためのノウハウを1つの資料にまとめました。
資料ダウンロード(無料)