グループ機能とは

グループ機能とは

Qiita:Team内に「グループ」を作成できます。
グループにはメンバーを追加でき、「社員」や「エンジニア」など、必要に応じて組織内の特定のグループを表現できます。
グループ機能を使うことで、より大きな規模のチームや、複数のコミュニケーション単位をもつチームが一緒に働く組織でもスムーズにQiita:Teamをご利用いただけます。

グループ一覧画面

「グループ」を使って何ができるの?

記事投稿時にグループを選択することができます。

グループの選択画面

グループが指定された記事は、そのグループのメンバーのタイムラインにのみ流れて行きます

例えば「営業部」と「開発部」とで同じQiita:Teamを使っている場合に、全社向けの情報は通常通り全体に向け投稿し、「営業日報」や「Rubyについての技術的な記事」など、組織に紐付いた性質の記事はグループに投稿することで、複数の職種や組織でもうまく住み分けながらQiita:Teamを利用できます。

グループメンバーのタイムライン
「社員」グループのメンバーのタイムラインにのみ表示される

パブリックグループとプライベートグループ

グループは、作成時にパブリックかプライベートをどちらか選択できます。

パブリックグループかプライベートグループか

パブリックグループでは、タイムラインに流れてこないだけで、グループ外のメンバーも検索やURLから記事を閲覧することができますが、
プライベートグループでは、グループ外のメンバーはグループに投稿された記事を閲覧できませんし、グループの存在自体も認識できません。

例えば「役員」や「人事」など、同じQiita:Team内でもどうしてもオープンにできない情報をやり取りする場合、プライベートグループを活用すると便利です。
逆に、部署や職業など、流通する情報自体には秘匿性がない場合は、パブリックグループを利用することで情報がクローズドになりすぎることを防ぎつつ、Qiita:Team上で複数の組織の住み分けを実現できます

サービス連携にも対応

現在提供しているSlackやWebhookといった外部サービス連携機能も、グループ機能に対応します。
グループごとにサービス連携を設定することができるので、例えば「開発部」グループの記事は Slack の #devチャンネルへ流す、といった設定が可能です。
こちらの設定は、Qiita:Teamの管理者・オーナーのみが設定できます。