グループ機能とは

グループ機能とは

Qiita:Team内に「グループ」を作成することで、グループごとにタイムラインや情報を共有することができます。この機能によって、より効率的に情報共有ができます。

 

-メンバーの追加-グループには一人一人メンバーを追加することで、「社員」や「エンジニア」など、必要に応じてグループを作ることができます。グループ機能を使うことで、規模の大きな組織や、複数のコミュニケーション単位をもつ組織でもスムーズにQiita:Teamをご利用いただけます。
メンバーを追加方法はこちら[グループの例]

グループ一覧画面

-グループの機能-

・記事の投稿

グループの選択画面

グループが指定された記事は、そのグループのメンバーのタイムラインにのみ流れて行きます

例)「営業部」と「開発部」とで同じQiita:Teamを使っている場合

「全社向けの情報」   →[全体に向け]に投稿
「営業日報」      →グループ[営業]に投稿
「Ruby技術について」 →グループ[開発部]に投稿

組織に紐付いた性質の記事はグループに投稿することで、複数の職種や組織でもうまく住み分けながらQiita:Teamを利用できます。

グループメンバーのタイムライン
グループ「社員」に投稿した場合
→「社員」グループのメンバーのタイムラインにのみ表示される

パブリックグループとプライベートグループとは??

グループ作成時にパブリックかプライベートをどちらか選択できます。

パブリックグループかプライベートグループか

 

・パブリックグループ 

  • タイムラインに流れてこない
  • 検索やURLからグループ外のメンバーも記事を閲覧可能

・プライベートグループ

  • グループ外のメンバーは閲覧不可
  • グループの存在自体も認識できない

 

・使い分けの例

部署や職業など、流通する情報自体には秘匿性がない場合
→パブリックグループ
(情報がクローズドになりすぎることを防ぎつつ、Qiita:Team上で複数の組織の住み分けができる。)

「役員」や「人事」など、どうしてもオープンにできない情報をやり取りする場合
プライベートグループ

 

!!注意!! 一度パブリックで作ったグループはプライベートグループに変更することはできません!

 

 

 

サービス連携にも対応

SlackWebhookといった外部サービス連携機能も、グループ機能に対応しています。
またグループごとにサービス連携を設定できます
例えば「開発部」グループの記事は Slack の #devチャンネルへ流す、といった設定が可能です。
ただしQiita:Teamの管理者・オーナーのみが設定できます。