「アプリケーションを登録する」とは

開発者の方がQiitaのAPIを利用して新しくアプリケーションを作成するときに利用する機能です。

例えば、Qiitaユーザの投稿一覧を閲覧するためのiOSアプリケーションを作成するときには、この画面からアプリケーションを登録し、登録時に発行されたアプリケーションのIDを利用することになります。

このときアプリケーション内でQiitaユーザをログインさせるためにOAuthという認証プロトコルを利用することになりますが、そこで登録したアプリケーションのIDが必要になります。

Qiita APIの詳細な仕様については、下記のドキュメントもご参考下さい。
https://qiita.com/api/v2/docs

生産性が向上するノウハウ集をプレゼント!

Qiita:Team導入ガイド(無料)

500チーム以上で利用されている情報共有ツール「Qiita:Team」の基本機能から生産性を向上させるためのノウハウを1つの資料にまとめました。
資料ダウンロード(無料)