日報を書こう!Qiita:Teamで日報を投稿する3ステップ


日報を書くことには、今日実施した業務を記録しておくことと、実行した業務を可視化して改善するという目的があります。各自の日報をチームで共有することで、さまざまな視点からのフィードバックが得られ、組織の生産性向上につながります。

今回はそんな日報を、Qiita:Teamを利用してどのように投稿・共有するかを3ステップでご紹介します!

ステップ1:テンプレートを選択する

Qiita:Teamのトップページを開きます。

投稿するボタンの横の切り替えボタン(▼)を押下すると、

リーンキャンバス、ヒアリング記録、手順書、、、、、etcとありますよね。

Qiita:Teamにはあらかじめ複数のテンプレートを用意してあります。 これによって投稿者がテキストの構成を考える手間を省くことが出来ます。 テンプレートは編集でき、使い方にあわせてテンプレートを作成することが可能です。

日報の書き方

 

 

ステップ2:編集

日報を選んで押下すると、下の画像のような画面になります。

こちらが記事を作成する画面です。まずは、テンプレートの見出しに従って記入していきましょう。 テキストはMarkDownで簡単に記入することができます。

編集画面の右側にプレビューが表示されますので、確認しながら書き進められます。

日報の書き方

また、MarkDownの使い方に関しては、こちらを押下していただければ参照可能です。

日報の書き方

ステップ3:投稿

日報を作成し終えたら早速投稿してみましょう!

記事作成画面右下に[○○○に投稿]とボタンがありますので押下しましょう。

日報の書き方

これで日報の完成です。

早速、自分の書いた日報を確認してみましょう!

各チームのトップ画面に戻ると、自分の日報が投稿されているかどうか確認することができます。

日報の書き方

投稿した記事にコメントをつけられるので社員同士のコミュニケーションツールとしても活用できます!