スムーズな導入のために140投稿を用意。情報共有を活性化するための取り組みとは

不動産業に特化したクラウドサービスを提供する株式会社いい生活さんでは、Qiita:Teamを導入したことで、「社内コミュニケーションが円滑になった」、「投稿が活性化した」といった効果を得られているそうです。そこで、今回は導入に至るまでの経緯から、実際の効果、定着させる運用のコツなどについてお伺いしました。

・会社概要:https://www.e-seikatsu.info

インタビューいただいたみなさま

糸山雄貴 (いとやま・ゆうき)Yuuki Itoyama
株式会社いい生活 ウェブ・ソリューション開発グループ
イノベーティブアプリ開発部部長
北村真悠(きたむら・まゆ)Mayu Kitamura
株式会社いい生活 ウェブ・ソリューション開発グループ
コンシューマアプリ開発部
平尾元紀(ひらお・もとき)Motoki Hirao
株式会社いい生活 ウェブ・ソリューション開発グループ
サービスプラットフォーム開発部

新入社員はまずQiita:Teamで自己紹介

ーーQiita:Team

早速ですが、Qiita:Teamの利用状況をお聞かせいただけますでしょうか。

ーー北村

利用人数が82名。記事数が1500記事程度ですね。

※:2018年12月取材時の数字です。

ーーQiita:Team

普段はどういう目的で利用されることが多いのでしょうか?

ーー北村

記事としては、業務でつまずいた点の報告が多いですね。そのほかには会社でイベントに出展したときのレポート記事、プロジェクトのKPTなどが投稿されています。

ーーQiita:Team

いい生活さんでは、エンジニアにご利用いただいているようですが、記事はエンジニアリングや技術に限らず、幅広く投稿されているような感じですか?

ーー糸山

技術的な内容の記事が多いですね。

ーー平尾

でもインターン生とご飯に行く時のランチマップなんかも投稿されてますよね。

ーー北村

ありますね。ちょっと前には飲み会の会場リストを私も作りました。

ーー糸山

そういうカジュアルな記事も割合としては少ないですが投稿されています。記事作成において決まったルールは設けていません

記事作成において決まったルールは設けていません (糸山氏)
ーー平尾

最近では「社内アドベントカレンダー」をQiita:Team上でやりましたね。今年1年の振り返りをしつつ、学んだことをみんなで共有しました。

※アドベントカレンダー:クリスマスまでの期間を数えるカレンダーの習慣にならい、インターネット上において定められたテーマに従い参加者が持ち回りで12/1~25日の間、記事を投稿する企画のこと。いい生活では営業日のみという縛りで行いました。

ーー糸山

それで普段書かないのに記事を書いてくれる1年目の子とかがいたりとかして。

ーーQiita:Team

それは他社さんにも参考になる使い方でいいですね。ご利用いただいている会社さんでは自己紹介の記事投稿も多いのですが、いい生活さんではいかがですか?

ーー北村

ありますね。新入社員が入社したら、最初は自己紹介の記事を書いてもらっています。まずはQiita:Teamを触ることから始まります

ーー北村

環境設定などの簡単な設定内容の説明、共有にもQiita:Teamを活用しています。あらかじめ手順書をQiita:Teamに書いて、「Qiitaに記事が上がっているから見ておいて」と言えば済みます。画像も貼れるのので重宝してます。

ーー糸山

プロジェクトが終わったとか、人が辞めるとか、もろもろのタイミングで「Qiita:Teamの記事を読んでおいてね」みたいなのはありますね。

ーー糸山

他には以前に登壇したイベントで自分が話した内容を検索する時もありますね。毎年の定例イベントの内容を思い出すためにQiita:Teamを見たり。

ーー平尾

去年スポンサーをしたイベントの雰囲気を知るために、まずQiita:Teamで調べて予習したりといった使い方もあります。

社内コミュニケーションやWikiによる情報共有に課題がありQiita:Teamを導入

ーーQiita:Team

Qiita:Team導入にいたったのはどういった経緯があったのでしょうか。

ーー糸山

導入前までは、Wikiを使って技術的な情報を共有していたんですが、検索性が悪かったり、書く人が偏ってしまうという課題がありました。結果として社内で使ってる技術を共有するという文化も定着しませんでした。

また、社内全体でいまひとつコミュニケーションを取れていなかったのも課題でした。Qiita:Teamの導入前にはエンジニア同士が「この人、何の仕事をやっているんだっけ?」という状況がありました。

こうした課題を解消するためにQiita:Teamの導入を決めたんです。Qiita:Teamではコメントでやり取りができるので、そこから話が広がっていくのも良いかなと思いました。

ーー平尾

私は前職でBacklogに社内横断のプロジェクトを立てて、技術Tips等のノウハウをWikiに書く仕組みがあったのですが、情報共有が思ったほどにはスムーズではありませんでした。

更新する人はわずかでリアクションも少なかった印象があります。

ーーQiita:Team

なるほど。ちなみに、他に検討されていたサービスと比較した結果、Qiita:Teamを導入した理由は決め手はどこにあったんでしょうか?

ーー北村

投稿の敷居が低いのとタイムライン形式で流れていくところですね。Wikiを利用していていると、ディレクトリ構造でカテゴライズするので、文章を投稿するときにどこに置けばいいか分からなくなる問題がありました。

導入の決め手は投稿の敷居が低さとタイムライン形式(北村氏)
ーー糸山

変に構造化しすぎると探しづらかったりしますし、検索性が高いとも言えません。

ーー平尾

更新されたことにも気づかないケースが多くて。そういった面でQiita:Teamはリアクションも分かりやすいですよね。

ーー糸山

Wikiでも更新されたら通知は受けるようにはしていましたが、結局、それほど見ませんでしたね。しかも部署ごとにWikiが立ち上がったので、どこにどういった情報が投稿されているのか把握できませんでした。

ーーQiita:Team

ということは、Wikiの乱立で分断されてしまった情報がQiita:Teamで統合された部分もあるんでしょうか。

ーー糸山

そうですね。それも導入のメリットですね。

「投稿内容は自由/投稿を強制しない」のが導入ポイント

ーーQiita:Team

Qiita:Teamの導入時における工夫があったらお聞かせいただきたいです。

ーー北村

投稿しやすくするために「投稿内容について制限を設けず、技術的な記事以外も投稿できるようにしている」、やっつけで書かれた中身のない記事が投稿されないために「記事の投稿を強制しない」ことですね。とはいえ導入当初は、リード役として選抜されたメンバーに限りノルマが課されていました。

ーー糸山

Qiita:Teamを導入してある程度定着するまでは、チームを組んで記事を書こうね、みたいな施策はやっていました。

ーーQiita:Team

確かにQiita:Teamではテンプレートも用意されているとはいえ、実際に書かれた記事の見本がないとどんな記事を書いていいかイメージしにくいところもありますよね。

ーーQiita:Team

そういう意味では、上手く導入から定着までリードされたんですね。

ーー糸山

そうですね。スタート時点での記事数が結構多かったんですよ。無料トライアル期間で新規の記事が140投稿あったんです。

ーーQiita:Team

それはすごいですね!トライアル中に記事数が3桁いく会社さんはほぼありません。

記事を140投稿用意して導入から力をいれたとのこと

コミュニケーションは想定以上に良好に。Wikiと比べて書きやすく安定している安心感

ーーQiita:Team

導入してみての効果についてはどのようにお考えですか?

ーー北村

情報共有が気軽にできるようになって、その点はとても良かったです。導入した効果を感じている人が多いですね。

ーー糸山

コミュニケーションを取りやすくなったのが1番大きいと思います。社内でもお互いに何をやっているのか分からないケースがあるので、それが解消されるのは十分メリットになります。カジュアルにリアクションするだけで記事を読んでいることが伝えられるというのもいいですね。

ーー平尾

Qiita:Teamを使うようになって、確かにコミュニケーションしやすくなったのは間違いなくて、想定以上という気はします。大きいのは絵文字が使えることですね。気軽に「見たよ」とか「いいね」など気持ちを伝えられるのは便利ですよね。おかげでちょっとしたtipsもWikiより共有しやすくなりました。

それからWikiと違って更新がしやすい、安定しているっていう点にもメリットを感じています。以前は自社サーバーで管理していたのですが、それを外部に任せる安心感を得られました。

サーバーを外部に任せられること点に安心感があると語る平尾氏
ーー北村

普段、接点のない部署から、書いた記事に対してコメントがあったりもしますよね。

ーー糸山

Qiita:Teamの記事をきっかけに、他の部署で使ってるツールをこっちの部でも使ってみようという動きもありました。

ーー北村

Qiita:Teamは社外からもアクセスできるようにしているんですが、勉強会に参加してそのレポートを会場にいながらQiita:Teamに投稿することができるのも便利ですね。

ーーQiita:Team

セキュリティの厳しい会社さんだと社内からしか更新できないケースもあるんですけど、Qiita:Teamのコンセプト自体がオープンにやろうという考え方なので、どこからでも更新しやすい、結果として働きやすくなるというのはあると思います。

「投稿に『いいね』する/CTOがリマインドする」などチームを活性化させるポイントとは

ーーQiita:Team

実際に導入・運用してみて「上手く活用するコツ・ポイント」などがあればお聞かせいただけますでしょうか。

ーー北村

1つ目は、記事が投稿されたら誰かしらがいいねをつけること。2つ目はCTOからのリマインドですね。しばらく書いてないとCTOから直接声かけがありますし、CTOがSlackにリマインドを仕込んでいることもあります。もちろん強制ではないので判断は個々人に任されています。

ーー糸山

SlackにQiita:Teamの変更履歴や新規投稿の通知がされるので、結構見る機会がありますね。

ちなみに私の部では、毎月2回記事を書くための「もくもく会」を開催しています。新しいことをやっている部署なので、使ってる技術をもっと公開していきたいと思っていて、記事を月に1人1本は出そうっていう目標を立てています。

ーーQiita:Team

いいねの話やCTOのようなマネージャー層がリマインドをするっていうのは、Qiita:Teamの投稿が盛り上がっている会社さんでよく聞きますね。

ーー北村

とにかくスタートダッシュで誰かがリードして記事を書くのはポイントですね。

ーー平尾

ちょっとしたことでもいいので、どんどん投稿・更新していくことが大事だと思います。ちょっとした小話とかインターン生との思い出とか書きやすい内容から投稿していく。ささいな話題って気に留めずに忘れてしまいがちなのですが、ストックされてると後々で誰かの役に立つかもしれません。

ーーQiita:Team

あとはQiita:Teamは社内のスタッフしか読めないので、何を書いても安心感ですよね。

ーーQiita:Team

Qiita:Team上でコミュニケーションを増やすための施策などあったら教えてください。

ーー北村

Slackの連携とSlackの絵文字の逆輸入でしょうか。

ーーQiita:Team

絵文字スタンプが使えるので、ユニークな絵文字がどんどん増えていきがちですね。

ーー糸山

当社では人の顔文字が増えてますね。CTOの顔とか(笑)。

ーー北村

絵文字をきっかけにいつの間にかリアクションをすることが当たり前になっていますね。

ーーQiita:Team

本日はどうもありがとうございました。

<構成 ライター 飯田 萌、編集 佐伯 幸治 >

生産性が向上するノウハウ集をプレゼント!

Qiita:Team導入ガイド(無料)

500チーム以上で利用されている情報共有ツール「Qiita:Team」の基本機能から生産性を向上させるためのノウハウを1つの資料にまとめました。
資料ダウンロード(無料)

導入事例

300人のエンジニア組織を横断したQiita:Teamの活用術とは!?
サイバーエージェントのゲーム&エンターテイメント事業部 のみなさま
情報発信する文化の根付かせ方がすごい!
株式会社リクルートジョブズ のみなさま