ブログ

タグ一覧

カテゴリ一覧

全記事一覧

情報共有ツールが職場にもたらす5つのメリット

議事録や日報、マニュアルなどさまざまなドキュメントを職場で簡単に共有できる情報共有ツール。職場に存在する情報をより価値のあるものにするために、規模や業種を問わず多種多様な企業が情報共有ツールを活用しています。 情報の価値を高めることで、コミュニケーションの活性化・業務の生産性向上・チームワークの醸成など、ドキュメント共有にとどまらないメリットを情報共有は職場にもたらします。 この記事では、職場での情報共有ツールの利用にお悩みの方に向けて、情報共有ツールの概要から、職場で情報共有ツールを導入する際のポイントを紹介します。

記事を見る

情報共有によって連携を強化する実践例とメリット

さまざまなメンバーで構成されたチームにおいて、目的を達成するためには「連携」が重要です。連携が重要とされるのは、メンバー間で十分に連携が取れていれば、それぞれの作業に無駄がなくなり、作業効率が格段に上がるからです。 では、メンバー間で十分に連携を取るためには何が必要でしょうか。それは情報共有です。情報共有がなければ、お互いの状況が分からず、十分な連携ができません。この記事では、メンバーの連携に情報共有を活用したいが、どのように取り組むべきか知りたい、どういったメリットがあるのか知りたいといった方に向けて役立つヒントをご紹介します。

記事を見る

生産性向上のために働き方改革に取り組む事例の掲載サイトをご紹介

近年の日本は少子高齢化が進展し、生産年齢人口(15歳~64歳)が減少の一途をたどっています。総務省による『平成28年度 情報通信白書』(※1)では、2000年に8,622万人いた生産年齢人口は2015年には7,592万人とわずか15年で約1,000万人減少し、2030年には6,773万人にまで減り続けると予想されています。 そんな深刻な状況への打開策として安倍晋三内閣が提唱したのが「働き方改革」です。 働き方改革では、主に 労働生産性の向上 非正規雇用の格差改善 長時間労働の是正 に取り組んでいます。この働き方改革は民間企業へも波及、独自の労働環境改善に取り組む企業が増えてきています。今回は社内の働き方改革を実践し、成果をあげる企業の事例が紹介されているサイトをピックアップしてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

記事を見る

情報共有が上手にできない3つの原因とその打開策

社内で情報共有がうまくいっていない状況に対して、「しょうがない」と蓋をして原因を突き止めることを諦めていませんか。 情報共有が社内で活性化すると、個人が長年の経験から身に付けた卓越したノウハウや考え方を組織全体で共有することができます。ノウハウや考え方を誰もが共有できるようになれば、次はそれらをどのように応用させていくかという、より高度な業務に取り組めます。 また、伝え漏れや二度手間な説明などに費やす時間を削減できるのも情報共有のメリットでしょう。社内で情報共有が活性化すると無駄な時間が削減され、業務効率を向上させることができます。 情報共有が上手くいかない原因が組織内でちゃんと話し合われず、無視され続けている場合、活発に情報交換が行われる組織と比べて、業務効率に大きく差がついてしまうのではないでしょうか。今回は情報共有ができない原因とその打開策についてご紹介します。

記事を見る

情報共有で起こる問題は情報共有ツールで解決できる! 

組織やチームにおいて情報共有は欠かせないものですよね。 その理由は、情報共有が上手く行われているかどうかが組織やチームの生産性に影響するからです。 とは言え、「なかなか情報共有が上手くできない」といった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。 そこで一つの解決策となるのが、情報共有に特化した「情報共有ツール」です。 この記事では、より良い情報共有を実践するための情報共有ツールについて紹介し、併せて情報共有の際に陥りやすい問題点とツールを使った解決策もご紹介します。

記事を見る

社内の情報共有を促すコミュニケーション環境の作り方

みなさんは社内でのコミュニケーションがうまく取れていますか? 会社で黙々と仕事をしているだけになっていないでしょうか。一般社員のみならず、マネジメント層にとっても、コミュニケーションはチームや組織の生産を上げるために必要です。 今回は社内のコミュニケーションを活性化したいマネジメント層や、もっとメンバーたちと仲良くなって仕事を充実させたい社員の方に、制度を利用したり、情報共有ツールを用いたコミュニケーションの取り方をご紹介します。

記事を見る

【働き方改革】在宅勤務のメリットと、導入して成果をあげるポイント

少子高齢化にともない、労働人口が減少している社会背景の中、政府が取り組んでいる「働き方改革」。この働き方改革における重要施策の一つに「テレワーク」が挙げられます。テレワークとは、情報通信技術を活用して、場所や時間にとらわれない働き方のことです。 テレワーク自体は耳慣れないかもしれませんが、在宅勤務ならご存知の方も多いのではないんでしょうか。在宅勤務はテレワークの一つで、働き方改革の施策として注目されています。この記事では、在宅勤務のメリット・デメリット、なかなか普及しない理由や導入の際のポイントなどを紹介します。 「自宅で仕事する人のマネジメントが難しい」 「在宅でできる仕事には限りがあって高い生産性が望めない」 「コミュニケーションが不足してしまいそう」 などの不安があり、在宅勤務の仕組みづくりにコストを投じることに躊躇してしまう方は、ぜひご一読ください。

記事を見る

会社での情報共有がうまくいかない!見落としがちな問題点と改善策

会社での情報共有にお悩みではありませんか?情報共有がうまくいっていない会社で、よく耳にするのが以下のような課題です。 課題を解決するのに時間がかかり、プロジェクトが進行しない 上司と部下の間でコミュニケーションの壁がある 部門間での連携がない こうした課題のすべてが生産性の向上を阻害する原因となります。 より生産性の高いチームを目指すためにも、会社での情報共有は欠かせないのです。 「会社での情報共有がうまくいっていない」という方は、いま一度、情報共有のあり方を見直しましょう。 この記事では、会社での情報共有をより良いものにして業務を効率化するためのヒントをご紹介します。 組織やチームの生産性向上を目指しましょう。

記事を見る

最適な情報共有ツールを選ぶための3つのポイントとは!

職場のコミュニケーション活性化、チームや部署間のスムーズな連携などを実現し、ビジネスに生産性をもたらす情報共有ツール。 導入してみようと思うものの、「たくさんの種類があって選べない」、「どいった視点で選べばいい?」といった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では、情報共有ツールを選ぶ上で抑えるべきポイント を共有できる情報・公開範囲・料金体系といった観点でまとめました。

記事を見る

WEBブラウザで使える6つのオススメのマインドマップツール

アイデアを表現する方法として、ビジネスや教育などの分野で幅広く活用されているマインドマップ。最近では、インターネットを活用して、オンラインでマインドマップを作れるサービスが多く提供されています。 しかし、「PCやスマホでマインドマップを使ってみたいけど、アプリをインストールするのはちょっとめんくさい」という方もいますよね…。今回は、そんな人にもおすすめなwebブラウザ版マインドマップツールを中心にマインドマップツールをご紹介していきます。

記事を見る

Qiita Teamは、かんたんに書けてかんたんに共有できる情報共有サービスです。
テキストコミュニケーションでチームを活性化させ、信頼し合える強いチームづくりをお手伝いします。 

新着記事

情報共有ツールが職場にもたらす5つのメリット

議事録や日報、マニュアルなどさまざまなドキュメントを職場で簡単に共有できる情報共有ツール。職場に存在する情報をより価値のあるものにするために、規模や業種を問わず多種多様な企業が情報共有ツールを活用しています。 情報の価値を高めることで、コミュニケーションの活性化・業務の生産性向上・チームワークの醸成など、ドキュメント共有にとどまらないメリットを情報共有は職場にもたらします。 この記事では、職場での情報共有ツールの利用にお悩みの方に向けて、情報共有ツールの概要から、職場で情報共有ツールを導入する際のポイントを紹介します。

記事を見る

情報共有によって連携を強化する実践例とメリット

さまざまなメンバーで構成されたチームにおいて、目的を達成するためには「連携」が重要です。連携が重要とされるのは、メンバー間で十分に連携が取れていれば、それぞれの作業に無駄がなくなり、作業効率が格段に上がるからです。 では、メンバー間で十分に連携を取るためには何が必要でしょうか。それは情報共有です。情報共有がなければ、お互いの状況が分からず、十分な連携ができません。この記事では、メンバーの連携に情報共有を活用したいが、どのように取り組むべきか知りたい、どういったメリットがあるのか知りたいといった方に向けて役立つヒントをご紹介します。

記事を見る

生産性向上のために働き方改革に取り組む事例の掲載サイトをご紹介

近年の日本は少子高齢化が進展し、生産年齢人口(15歳~64歳)が減少の一途をたどっています。総務省による『平成28年度 情報通信白書』(※1)では、2000年に8,622万人いた生産年齢人口は2015年には7,592万人とわずか15年で約1,000万人減少し、2030年には6,773万人にまで減り続けると予想されています。 そんな深刻な状況への打開策として安倍晋三内閣が提唱したのが「働き方改革」です。 働き方改革では、主に 労働生産性の向上 非正規雇用の格差改善 長時間労働の是正 に取り組んでいます。この働き方改革は民間企業へも波及、独自の労働環境改善に取り組む企業が増えてきています。今回は社内の働き方改革を実践し、成果をあげる企業の事例が紹介されているサイトをピックアップしてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

記事を見る

情報共有が上手にできない3つの原因とその打開策

社内で情報共有がうまくいっていない状況に対して、「しょうがない」と蓋をして原因を突き止めることを諦めていませんか。 情報共有が社内で活性化すると、個人が長年の経験から身に付けた卓越したノウハウや考え方を組織全体で共有することができます。ノウハウや考え方を誰もが共有できるようになれば、次はそれらをどのように応用させていくかという、より高度な業務に取り組めます。 また、伝え漏れや二度手間な説明などに費やす時間を削減できるのも情報共有のメリットでしょう。社内で情報共有が活性化すると無駄な時間が削減され、業務効率を向上させることができます。 情報共有が上手くいかない原因が組織内でちゃんと話し合われず、無視され続けている場合、活発に情報交換が行われる組織と比べて、業務効率に大きく差がついてしまうのではないでしょうか。今回は情報共有ができない原因とその打開策についてご紹介します。

記事を見る

情報共有で起こる問題は情報共有ツールで解決できる! 

組織やチームにおいて情報共有は欠かせないものですよね。 その理由は、情報共有が上手く行われているかどうかが組織やチームの生産性に影響するからです。 とは言え、「なかなか情報共有が上手くできない」といった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。 そこで一つの解決策となるのが、情報共有に特化した「情報共有ツール」です。 この記事では、より良い情報共有を実践するための情報共有ツールについて紹介し、併せて情報共有の際に陥りやすい問題点とツールを使った解決策もご紹介します。

記事を見る

社内の情報共有を促すコミュニケーション環境の作り方

みなさんは社内でのコミュニケーションがうまく取れていますか? 会社で黙々と仕事をしているだけになっていないでしょうか。一般社員のみならず、マネジメント層にとっても、コミュニケーションはチームや組織の生産を上げるために必要です。 今回は社内のコミュニケーションを活性化したいマネジメント層や、もっとメンバーたちと仲良くなって仕事を充実させたい社員の方に、制度を利用したり、情報共有ツールを用いたコミュニケーションの取り方をご紹介します。

記事を見る

【働き方改革】在宅勤務のメリットと、導入して成果をあげるポイント

少子高齢化にともない、労働人口が減少している社会背景の中、政府が取り組んでいる「働き方改革」。この働き方改革における重要施策の一つに「テレワーク」が挙げられます。テレワークとは、情報通信技術を活用して、場所や時間にとらわれない働き方のことです。 テレワーク自体は耳慣れないかもしれませんが、在宅勤務ならご存知の方も多いのではないんでしょうか。在宅勤務はテレワークの一つで、働き方改革の施策として注目されています。この記事では、在宅勤務のメリット・デメリット、なかなか普及しない理由や導入の際のポイントなどを紹介します。 「自宅で仕事する人のマネジメントが難しい」 「在宅でできる仕事には限りがあって高い生産性が望めない」 「コミュニケーションが不足してしまいそう」 などの不安があり、在宅勤務の仕組みづくりにコストを投じることに躊躇してしまう方は、ぜひご一読ください。

記事を見る

会社での情報共有がうまくいかない!見落としがちな問題点と改善策

会社での情報共有にお悩みではありませんか?情報共有がうまくいっていない会社で、よく耳にするのが以下のような課題です。 課題を解決するのに時間がかかり、プロジェクトが進行しない 上司と部下の間でコミュニケーションの壁がある 部門間での連携がない こうした課題のすべてが生産性の向上を阻害する原因となります。 より生産性の高いチームを目指すためにも、会社での情報共有は欠かせないのです。 「会社での情報共有がうまくいっていない」という方は、いま一度、情報共有のあり方を見直しましょう。 この記事では、会社での情報共有をより良いものにして業務を効率化するためのヒントをご紹介します。 組織やチームの生産性向上を目指しましょう。

記事を見る

最適な情報共有ツールを選ぶための3つのポイントとは!

職場のコミュニケーション活性化、チームや部署間のスムーズな連携などを実現し、ビジネスに生産性をもたらす情報共有ツール。 導入してみようと思うものの、「たくさんの種類があって選べない」、「どいった視点で選べばいい?」といった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では、情報共有ツールを選ぶ上で抑えるべきポイント を共有できる情報・公開範囲・料金体系といった観点でまとめました。

記事を見る

WEBブラウザで使える6つのオススメのマインドマップツール

アイデアを表現する方法として、ビジネスや教育などの分野で幅広く活用されているマインドマップ。最近では、インターネットを活用して、オンラインでマインドマップを作れるサービスが多く提供されています。 しかし、「PCやスマホでマインドマップを使ってみたいけど、アプリをインストールするのはちょっとめんくさい」という方もいますよね…。今回は、そんな人にもおすすめなwebブラウザ版マインドマップツールを中心にマインドマップツールをご紹介していきます。

記事を見る

装飾

まずは30日間の無料トライアルで
情報共有の快適さをご体験ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
Qiita Teamを
試しに使ってみる